東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> 
【カテゴリー:未分類】 (2009/05/12) Twitterでつぶやく



スポンサーサイト




 / このエントリー単体のURL





> リンク ~ this site is LINK FREE ~
【カテゴリー:未分類】 (2005/11/27) Twitterでつぶやく

 ※このサイトはリンクフリーです …紹介して下さったサイトは、原則相互リンクします

new painting by kentaro tomozawa
CARRY SMILE
SHOJI KUBOTA.COM
JEST SQUIP
INNERVISIONS
a piece of peace project
デモ田中のマンデイナイトロ(巨匠が出演)









 / このエントリー単体のURL





> 編集者 PROFILE
【カテゴリー:未分類】 (2005/11/23) Twitterでつぶやく



【 Maki A Loki 】
(マキ・ア・ロキ)

    ・1980年、生まれる
    ・2004年4月~現在、何かしらの文筆業

     ※メール:m-arata@live.jp



     以下、マキ・ア・ロキに関する基本情報。

      ・09年10月~10年6月、マキ・アブラモヴィッチ名でブログ執筆。
      ・マリーナ・アブラモヴィッチの真似だったが、飽きたので改名。
      ・書くことを生業とするが、現代アートに関しては門外漢である。
      ・というか、あらゆる芸術活動の門外漢である。
      ・アートワールドの外にいるからこその、無責任発言を身上としている。
      ・専門的に詳しいと言えるほどの分野は一つも持たない。
      ・実は経済学者の見地から物を言ってました、というオチはない。
      ・実は心理学者の見地から物を言ってました、というオチはない。
      ・実は宗教学者の見地から物を言ってました、というオチはない。
      ・以下省略。
      ・いわゆる絵画作品と、絵画を使ったアート作品を切り分けて考えている。
      ・いわゆる写真作品と、写真を使ったアート作品を切り分けて考えている。
      ・いわゆる映像作品と、映像を使ったアート作品を切り分けて考えている。
      ・以下省略。
      ・極端な話、別にアートがなくなっても困らない。
      ・アートのことがよく分からないので、時折アート作品らしきものを作る。
      ・それを提示した際の反応から、何か考える材料を得ることが目的である。
      ・アートの定義について考えるのは不毛だと思っている。
      ・いや、アートとは大きなずた袋だと思っている。
      ・ずた袋の中には、価値観や目的の異なる様々なものが入っている。
      ・人が本気でアートだと思っているのなら、何だってアートで良いと思う。
      ・というか、別にアートなんて無くても構わない。
      ・アートが社会に広がれば、寛容性を醸成させる、と信じている。
      ・だから、「あのアートはゴミだ」という発言は、意味が分からない。
      ・だから、「あの作品こそ真のアートだ」という発言も、意味不明。
      ・とは言え、個人的な意見を持ち、発言すべきだ。伝わるときもある。
      ・アートは、社会性を備えるべきだと個人的には考えている。
      ・アートは、新聞の文化面ではなく社会面に載るべきだ。
      ・つまり、アートは文化ではなく、社会である。
      ・アートファン、アートクラスタの増殖を目指すのはくだらない。
      ・興味ない人に、いつの間にかアートに関与させるのが良策。
      ・もちろん、アートは何だってよい。
      ・もちろん、アートは何だってよい、とすることでアートを解体。
      ・「アート」とはバズワードである。


      ※この欄は随時変更・追加





 / このエントリー単体のURL





> ▼ top page (会話テーマ別もくじ)
【カテゴリー:未分類】 (2005/11/01) Twitterでつぶやく



   + 会話テーマ別もくじ +

<Ⅲ・世に出る>
  >> シノハラの場合
  >> 小林さんの場合
  >> 巨匠の場合
  >> 海里の場合

<Ⅱ・年齢>
  >> シノハラの場合
  >> 小林さんの場合
  >> 巨匠の場合
  >> 海里の場合

<Ⅰ・才能>
  >> シノハラの場合
  >> 海里の場合
  >> 小林さんの場合
  >> 巨匠の場合


 → 参加者別もくじに戻る







 / このエントリー単体のURL





> 『東京芸術史とは』
【カテゴリー:未分類】 (2005/11/01) Twitterでつぶやく

『東京芸術史』(http://tokyoartvillage.blog36.fc2.com/)とは、

作家たちとの会話の記録のため、Maki A Loki(マキ・ア・ロキ)が2005年11月に開始。09年10月からは、マキ・ア・ロキ執筆によるアート関連の文章も掲載するようになった。

現在、会話プロジェクトを継続しながら、同人編集による情報コンテンツを加えた1割公的(ネット上に公開し、三人以上を巻きこんでいるという程度の意味で)・9割私的なアート総合サイトとして運営中。


主なコンテンツは以下の通り。

作家との会話 :映画監督や歌手らとの会話の記録
アート topic :アート関連ニュースやWEB上の情報フォロー
アート report :アートイベントや展示会の報告





 / このエントリー単体のURL





> 作家との会話・目次
【カテゴリー:未分類】 (1970/01/01) Twitterでつぶやく


  + シノハラとの会話
  + 海里との会話

  + 小林さんとの会話
  + 巨匠との会話


「東京芸術史」とは、Maki A Loki(マキ・ア・ロキ)が、何かを作り出そうとしている人々との会話を継続的(不定期)に記録していく一種のドキュメンタリープロジェクトです。2005年11月に始まりました。

別に、大仰な目的意識やコンセプトはありません。ただ僕がボイスレコーダー片手にうろちょろし、往々にして霧散しがちな「会話」というものに文字という重しをつけ、とどめておこうとするだけ。ただし、参加する人々は、まだ過去を振り返るには早い年代に限っています。

きっと彼らは、何かを成し遂げる青写真を描きながらも、実際は眼前に横たわる「今」との対峙で精一杯でしょう。ここに積み重ねられる会話は、ともすれば過ぎ去っていく「今」が、いかに複雑で、苦悩に満ち、多様な物語を内に孕んでいるか示すことになるかもしれません。たとえば「二年が過ぎた」と言うとき、そこには二年分の思考と試行錯誤と前進とが凝縮されているはずなのです。

商業的な側面のないこの場所で、作家たちが赤裸々に自分や自分の作品についての言葉を残すことは、とても意義のあることだと思います。成功や失敗の後に歩みを振り返るのではなく、プロセスがそのまま蓄積されていきます。僕はなるだけ編集をしないので読みづらいかもしれませんが、それはありのままであることの裏返しだということです。

Maki A Loki









 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。