FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> 『音楽の聴き方』で対比される音楽
【カテゴリー:読書】 (2009/11/10) Twitterでつぶやく


書店でカバーをかけてもらう率100%を誇る(僕はそんなことはしない!)新書『音楽の聴き方』の中で、いろいろな演奏家、指揮者の興味深い対比があった。ネット上で見つけた音源を資料としていくつか拾ってみる。

◆シュナーベルとブレンデル(あるいはポリーニ)の対比
∟シュナーベルのシューベルトD959の4楽章
∟ブレンデルのシューベルトD959の4楽章

p122
彼(シュナーベル)は、明らかにこの(終楽章の)主題をセンテンスとして「読もう」としている。つまりシュナーベルの演奏は「語る」。少し思わせぶりに間を置いたり、早口で畳みかけたり、(略)聴いていて、それがいくつもの「単語」ないし「文節」から組み立てられていることが、すぐに分かるだろう。(略)まるで名優のモノローグのように聴こえるシュナーベルと比べると、例えばブレンデルやポリーニの弾き方は、よくも悪くも実に滑らかである。音量やテンポの伸縮ははるかに狭い。(略)すべての音が、きれいに磨かれた響きでもって、よどみなく流れていく。ただし「分節と抑揚」という点ではそれらは、極めて不明瞭だ。意地悪く言えば、単にきれいな響きが、だらだらと続いているだけのようにも聴こえる。
p123
シュナーベルばかりでなく、ルービンシュタインやホロヴィッツ、ヴァイオリニストで言えばクライスラーやシゲティの録音の中にもまた、かつての「言語としての音楽」の伝統を残す箇所が発見出来るだろう。(略)私が右で説明してきたのは、音楽美学において一般に、西洋近代に固有の「構造的聴取」と呼ばれているものである。




◆フルトヴェングラーとトスカニーニの対比
∟フルトヴェングラーのベートーヴェン・シンフォニー5番6番7番
∟トスカニーニのベートーヴェン・シンフォニー5番6番7番

p150
アドルノによれば、一見主観的に見えるフルトヴェングラーの指揮は、かつて存在していたある共同体の中で、その作品が確かに持っていたに違いない意味を、何とか現代世界へと救いだそうとする試みである。
p152
意味を捨象して機能主義に徹するのがトスカニーニである。(略)アドルノによればトスカニーニの演奏は、その圧倒的なサウンドにもかかわらず、奇妙に静的である。彼が何より批判するのは、響きの背後のフレーズ等の意味合いをトスカニーニがすべて消し去り、単なるピカピカの音響に還元してしまう点である。
p153
トスカニーニの演奏に最初のかすかな不信感を覚えたときのことを、アドルノは次のように回想している。「ザルツブルグからのベートーヴェンの第七交響曲のラジオ放送を思い出す。(略)すべてが比較にならないくらいよく聴き取れた。しかしながら、それは内的緊張が不足しており、生成するのではなく、あたかも最初の音から音楽が、まるでレコードのように、予め決定されているかのようであり、解釈自体が既に機械によるその転送中継のようだった」。




◆「音楽を聴く」という営みについて少しでも多くの可能性を想定してみる
∟『帝国オーケストラ』予告編
∟アイスラ―「小さなラジオに」

p185
近代社会における音楽的感動の真実が、人々を地獄へ誘う子守歌や行進曲にもなりうるという事実は、最近公開された映画『帝国オーケストラ』を見れば、一目瞭然である。(略)鉤十字の下で《第九》(略)を指揮するフルトヴェングラー。(略)死に魅入られたような目をして聴き入る聴衆。(略)そして熱狂的な拍手を送るゲッベルスらの姿が映し出される。確かにここには、あらゆる身分階級を超えて、音楽の感動によって結ばれた共同体が存在している。
p187
次に挙げるのは、こうした群集性の対極にある音楽、絶対零度の孤独とでもいうべき状況の中でなお、外の世界との細い交信の糸をかろうじて音楽が作り出す、そういうケースである。例にとるのはハンス・アイスラーという作曲家。(略)ユダヤ系であったアイスラ―(略)がハリウッド亡命中に作曲した歌曲の一つ、「小さなラジオに」である。ブレヒトが書いた歌詞は次のようなものである。
「小さなラジオよ、亡命の間も真空管がこわれないように、気を付けて家から船に、船から汽車にお前を運んだ。敵どもの声がこれから先も私に届くように。僕のベッドのわきでお前は僕を苦しめる。最終放送はま夜中、一番は早朝。敵の大勝利ばかり知らせ、僕には苦痛だ。約束してくれ、お前は突然に黙りこんだりはしないと」(岩淵達治訳)。
(略)この一分にも満たないこの切ないメロディーは、突如として中断される。真空管が割れるような、衝撃的な短い不協和音によって遮断されて終わる。(略)アイスラ―歌曲は、その容赦ない中断によってこそ、時としてはラジオさえもが悲痛な「あのときあそこで」の一回性を燃え上がらせるということを、聴き手に教えてくれる。





 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。