FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> 宮下公園NIKEパーク化問題4
【カテゴリー:アート topic】 (2010/05/03) Twitterでつぶやく

普通に連休を満喫しているマキ・アブラモヴィッチで(以下省略)。

宮下公園を守っている(?)皆さんは、連休中も頑張っておられるようです。彼らの“公園占拠”に僕は批判の目を向けながらも、彼らがそこまでしても大して国内で注目が集まらないことに同情もしている。人々があまりにも社会のできごとに無関心すぎるだろうと。あるいは関心に継続性がなさすぎるだろうと。

以下、守る会のサイトから転載。A.I.R=アートインレジデンス、MIKE=守る会。A.I.RとMIKEの2団体がどう違うのかは知らない。

4月29日(木・休日)
19:00~、詩の朗読会<MIYASHITA PARK POETRY 2010 4 29>

4月30日(金)
7:30~、監視行動<MIKE>
13:00~、テント会議<A.I.R>
午後~、さえずり喫茶<陽のあたる毛の会>
19:00~、「外泊」上映会<穴あきの会>

5月1日(土)
11:00~、オブジェ作り<A.I.R>

5月2日(日)
恵比寿公園スタート13:30~野宿者メーデー14:30~宮下公園で交流会

5月4日(火・休)
15:00~17:00、青空カラオケ<A.I.R>

5月5日(水・休)
10:00~、こいのぼりワークショップ
午後~、公園の安全を考える<A.I.R>
15:00~17:00、青空カラオケ<A.I.R>

5月6日(木)
7:30~、監視行動<MIKE>
12:00~、茶話会<MIKE>


・NIKEパーク化問題3
・NIKEパーク化問題2
・NIKEパーク化問題1




 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。