FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> アートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)、グランプリに松島俊介
【カテゴリー:アート topic】 (2010/05/07) Twitterでつぶやく

アートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)2010の受賞者が決まり、グランプリに松島俊介(情報科学芸術大学院大学)、準グランプリに岩名泰岳(成安造形大学)が選ばれた。公式サイトによると、同賞では、日本の美術大学・芸術大学の卒業制作展へ足を運び、その中から選抜した作品・作家を行幸地下ギャラリーで展示し、優れた作品に賞が与えられる。

美大芸大で基礎教育を受けた人間を評価しようという理念が根底にある賞なのだろう。この点については勝手にやってて下さいという感じだけれど、グランプリが、昨年ヨコハマ国際映像祭で「CREAMコンペティション」大賞を受賞した松島氏の「VOICE-PORTRAIT -self introduction-」だったことから、一応メモ。この映像作品はCREAM出展作品の中でも特に着眼点がユニークだったし、観ていて面白い。審査員の長谷川裕子氏が指摘するような「個人の自我となめらかなメディアネットワークによって形成された集合意識の関係」を今後継続的に扱う作家なのかどうかは、これからの活動からようやく見えてくるだろう。

受賞者は以下の通り。

・グランプリ:松島俊介 (情報科学芸術大学院大学)
・準グランプリ:岩名泰岳 (成安造形大学)
・天野太郎賞:枝史織 (東京藝術大学)
・植松由佳賞:黒川潤 (東京藝術大学)
・後藤繁雄賞:松下徹 (東京藝術大学)
・木幡和枝賞:戸田沙也加 (女子美術大学)
・小山登美夫賞:佐藤翠 (東京造形大学)
・佐藤直樹賞:松隈無憂樹 (東京造形大学)
・長谷川祐子賞:山崎由紀子 (京都造形芸術大学)
・[ゲスト審査員] 名和晃平賞:川上雅史 (京都市立芸術大学)
・オーディエンス賞:投票期間:4月29日(木・祝)~5月9日(日)
・シュウ ウエムラ賞:小浪次郎 (東京工芸大学)


審査員は以下の通り。

天野太郎 Taro Amano (横浜美術館主席学芸員)
植松由佳 Yuka Uematsu (国立国際美術館 主任研究員)
後藤繁雄 Shigeo Goto (京都造形芸術大学教授)
木幡和枝 Kazue Kobata (東京藝術大学先端芸術表現科教授)
小山登美夫 Tomio Koyama (小山登美夫ギャラリー代表、明治大学国際日本学部特任准教授)
佐藤直樹 Naoki Sato (ASYL アートディレクター、多摩美術大学造形表現学部デザイン学科准教授)
長谷川祐子 Yuko Hasegawa (東京都現代美術館チーフキュレーター、多摩美術大学特任教授)
ゲスト審査員・名和晃平 Kohei Nawa (アーティスト)


一般公開は以下の通り。

アートアワードトーキョー丸の内2010
[会期]
2010年4月29日(木)→ 5月30日(日)
[時間]
11:00 – 20:00
[会場]
行幸地下ギャラリー (東京都千代田区丸の内 2-4-1 [行幸通り地下])
入場無料
[主催]
アートアワードトーキョー丸の内2010 実行委員会
[特別協賛]
三菱地所
[協賛]
shu uemura



 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。