FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> フクヘン「クリスティーズでの茶会での一コマ」
【カテゴリー:アート topic】 (2010/05/09) Twitterでつぶやく

フクヘンに和やかな良い写真が載っていたので、リンク。

4日のクリスティーズで、史上最高落札額の約1億648万ドル(約101億円、手数料込み)で落札されたピカソの「ヌード、観葉植物と胸像」を掛け軸代わりにしての、千宗屋氏の茶会。


ピカソの絵画、101億円で落札 芸術作品の世界記録(asahi.com 2010年5月5日11時6分)
 【ニューヨーク=田中光】20世紀を代表する画家の一人、ピカソ(1881~1973)の絵画「ヌード、観葉植物と胸像」が4日、ニューヨークで開催された競売会社クリスティーズのオークションで、約1億648万ドル(約101億円、手数料込み)で落札された。
 クリスティーズによると、オークションに出品された芸術作品としては史上最高の落札価格。これまでの記録は、今年2月にロンドンのサザビーズで落札された、スイスの彫刻家ジャコメッティによるブロンズ像「歩く男」の約1億430万ドルだった。
 今回のピカソの絵画は、縦162センチ、横130センチ。1932年3月の作品で、ピカソの愛人マリー・テレーズを一日で描き上げたといわれている。ロサンゼルスの慈善家が所有していた。




 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。