FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> 『ザ・コーヴ』上映中止~番外編
【カテゴリー:アート topic】 (2010/06/13) Twitterでつぶやく

国際捕鯨委員会(IWC)で、日本が小国を買収し、捕鯨に同調するよう投票させていた、との報道が英国で流れている。

和歌山県太地町のイルカ漁を扱ったドキュメンタリー動画『ザ・コーヴ』の感想はすでに書いた。そこでは触れなかったのだけれど、実は同作品の中で、僕はイルカ漁云々よりもこのIWCでの日本の振る舞いへの批判の方がずっと気になっていた。上の英国報道と同様の批判、すなわち、小国の買収である。もちろん、僕は真偽のほどを見極めるだけの材料は持ち合わせていないけれど。

・『ザ・コーヴ』上映中止~鑑賞編
・『ザ・コーヴ』上映中止

ちなみにイルカはIWCの管轄外であるから過度の乱獲でない限り、少なくともイルカについてはとやかく言われる筋合いはない。一方、クジラは外交のテーブルに着いているからには、そのテーブルで定められたルールに従う必要があるだろうし、そのルール作り・修正にあたって自国の意見に広く同調させるべくリアリスティックに政治力を駆使する手練手管が必要にある。「昔ながらの食文化」云々と叫んで同情を誘おうとするだけでは、ただの世間知らずだろう。

とは言え、しかし、票を買い集めていることが仮に真実だとすれば、さすがにその方法論はいかがなものか。クジラの食文化を損なうことと、国際社会での信用を失うこと、はたしてどちらの方がデメリットが大きいだろうか? 僕は後者のデメリットはあまりにも大きすぎると思う。と書くと、「反捕鯨国のキャンペーンをまんまと真に受けたな」などと批判されそうだけれど。

最後に重ねて申し上げておくと、日本による票買収疑惑の真偽を確かめるだけの材料を僕は持たないので、当然この問題に関して断定的に物を言うことはできない。『ザ・コーヴ』の上映自粛問題とは切り分けながらも、関連テーマとして今後も報道などを注視していきたい思う。



日本が捕鯨同調票“買収” 英紙が各国高官の証言掲載(共同 2010.6.13 21:31)
 13日付の英日曜紙サンデー・タイムズは、日本が国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会で日本の投票行動に同調させるため、キリバスなど各国代表に現金を渡したり、総会出席のための交通費や滞在費を負担していたことを認める各国代表らの証言を実名と顔写真入りで報じた。

 1982年から続く商業捕鯨の一時停止(モラトリアム)を解除し、商業捕鯨の再開を目指してきた日本については「小国の投票行動を買収している」とのうわさが絶えなかったが、同紙はこれを裏付ける具体的な証言を初めてビデオカメラで撮影したとしている。モロッコで今月開催される年次総会の行方にも影響しそうだ。

 同紙は、IWCに関して日本以外の加盟国のいかなる費用も負担していないとする日本外務省のコメントも掲載した。(共同)



Revealed: Japan’s bribes on whaling(SUNDAY TIMES June 13, 2010)
A SUNDAY TIMES investigation has exposed Japan for bribing small nations with cash and prostitutes to gain their support for the mass slaughter of whales.

The undercover investigation found officials from six countries were willing to consider selling their votes on the International Whaling Commission (IWC).

The revelations come as Japan seeks to break the 24-year moratorium on commercial whaling. An IWC meeting that will decide the fate of thousands of whales, including endangered species, begins this month in Morocco.

Japan denies buying the votes of IWC members. However, The Sunday Times filmed officials from pro-whaling governments admitting:

- They voted with the whalers because of the large amounts of aid from Japan. One said he was not sure if his country had any whales in its territorial waters. Others are landlocked.

— They receive cash payments in envelopes at IWC meetings from Japanese officials who pay their travel and hotel bills.

- One disclosed that call girls were offered when fisheries ministers and civil servants visited Japan for meetings.

Barry Gardiner, an MP and former Labour biodiversity minister, said the investigation revealed “disgraceful, shady practice”, which is “effectively buying votes”.

The reporters, posing as representatives of a billionaire conservationist, approached officials from pro-whaling countries and offered them an aid package to change their vote.

The governments of St Kitts and Nevis, the Marshall Islands, Kiribati, Grenada, Republic of Guinea and Ivory Coast all entered negotiations to sell their votes in return for aid.

The top fisheries official for Guinea said Japan usually gave his minister a “minimum” of $1,000 a day spending money in cash during IWC and other fisheries meetings.

He said three Japanese organisations were used to channel the payments to his country: the fisheries agency, the aid agency and the Overseas Fisheries Co-operation Foundation.

Japan has recruited some of the world’s smallest countries on to the IWC to bolster its support. A senior fisheries official for the Marshall Islands said: “We support Japan because of what they give us.”

A Kiribati fisheries official said his country’s vote was determined by the “benefit” it received in aid. He, too, said Japan gave delegates expenses and spending money.

The IWC commissioner for Tanzania said “good girls” were made available at the hotels for ministers and senior fisheries civil servants during all-expenses paid trips to Japan.




 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。