FC2ブログ
      東京芸術史 ~作家インタビューと、現代アート情報 

東京芸術史

作家インタビューと、現代アート情報

作家たちとの会話と、現代アートをめぐる批評的?あれこれ / 東京芸術史とは?






  ▼exHibitIOn



    art link

     ポータルetc
      ・ARTiT
      ・A&A Review
      ・web complex
      ・批評の庭
      ・Kalonsnet
      ・10+1
      ・artscape
      ・CINRA.NET
      ・artgene
      ・LOAPS
      ・SHIFT
      ・e-days
      ・moonlinx
      ・white-screen

      ・TAB
      ・TAP
      ・art-index
      ・TAM

      ・ART遊覧
      ・美術犬(I.N.U.)
      ・エフエム芸術道場

      ・YOMIURI
      ・asahi.com
      ・毎日
      ・産経
      ・artnews
      ・searchina
      ・artforum
      ・artnews

     個人
      ・fogless
      ・フクヘン。
      ・イルコモンズ
      ・田中功起
      ・アート・バムス
      ・水野亮
      ・〈100次元〉
      ・幕内政治
      ・宮村周子
      ・R70
      ・青い日記帳

     etc



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク


カテゴリー


検索フォーム




> スポンサーサイト
【カテゴリー:スポンサー広告】 (--/--/--) Twitterでつぶやく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 / このエントリー単体のURL





> 参院選、チバ・ジョンイルに注目
【カテゴリー:アート topic】 (2010/07/02) Twitterでつぶやく

参議院選挙で、国民新党から立候補する元プロ野球選手の江本孟紀氏。彼を、「チバ・ジョンイル」なる人物が応援しているという。

サンスポによると、チバ・ジョンイルの本名は三好達樹さん。60歳。千葉県内で会社経営をしており、ソックリ芸人ではないようだが、名刺には「千葉の将軍様」と刷っているとのこと。報道陣が声を掛けると「オヤスミダ」と言い残し立ち去ったという。

よく分からない存在だけれど、引き続き注目したい。

joniru.jpg


金正日も駆けつけた、江本孟紀氏励ます会 (サンスポ 2010.6.23)
 【トホホ取材記】今夏の参院選比例代表に国民新党から立候補するプロ野球OB、江本孟紀氏(62)=本紙専属評論家=は6月20日午後、東京・平河町で事務所開きし、続いて東京・紀尾井町の「グランドプリンスホテル赤坂」で「江本孟紀くんを励ます会」に臨んだ。公示日直前のこの日は多忙を極めたのだが、その励ます会で、我が目を疑うようなトホホゲストを目撃した。

 写真をクリックしてよく見ていただきたいのだが、会場に居合わせた報道陣の間でも「まさか…芸人さんだろう」「本物か」と物議を醸したその出席者は、「北の将軍様」にそっくり。そばにピッタリついて離れない、眼光鋭いボディーガードのような男性が、不気味なオーラに拍車をかけていた。

 おそるおそる日本語で話しかけてみると、「千葉の将軍様」と日本語で書かれた名刺を差し出され、ボソボソッとした小声ではあったが、ちゃんと日本語で応えてくれた。

 本人によると、本名は三好達樹さんとおっしゃる。年齢は60歳。千葉県内で梱包材の会社と美顔器の会社を経営しており、タレントのせんだみつおさん(62)が「チバ・ジョンイル」と名づけたのだという。

三好さんは 「江本さんとは昨年暮れ、飲食店経営者の方の紹介で知り合いました」といい「腰の低い方で人脈も広い。すごい人だなと思う。もともと僕も大阪出身なので、親近感もある」と話していた。

 この日会場に駆けつけた江本氏支持者は、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督で、本紙専属評論家の野村克也氏(74)と夫人の沙知代さん(78)やヤクルトスワローズ元監督で解説者の関根潤三氏(83)のほか、江本氏と同郷の土佐ノ海関(38)など、多士済々な顔ぶれだったのだが、まさか、将軍様まで現れるとは!

 会場に集まった約500人の支持者も、最初は三好さんを遠巻きに眺めていたが、そのうち亀井静香国民新党代表(73)も記念撮影するなど、徐々に人気者になっていったのだった。

 江本氏によると、今後の街頭演説に「千葉の将軍様」「チバ・ジョンイル」こと三好社長が現れる可能性もあるということなので、街頭演説する江本氏を見かけた人は、周囲を見渡して、三好社長も探してみて欲しい。

 あまりにも似ているので、本当にドキッとします。(佐藤修)


キターー!千葉にまたまた“将軍様”現る (サンスポ 2010.7.2)
 【トホホ取材記】「キタキター!」である。何が「キタ」のかというと、連日の猛暑で私の頭の中もキテいるのであるが、「千葉の将軍様」こと「チバ・ジョンイル」様がまたキタのである。

 国民新党比例代表候補者で6年ぶりの政界復帰を目指す、プロ野球OBの江本孟紀氏(62)=本紙専属評論家=は6月30日、すさまじい蒸し暑さの中、千葉県内を精力的に遊説して回った。

 午前8時のJR津田沼駅前を皮切りに、船橋、稲毛、柏、海浜幕張を経て、JR千葉駅前に午後6時ごろ到着した江本氏は街頭演説を始めたのだが、私が江本氏の写真を撮ろうとカメラをのぞくと、背後に「金正日」本人なのか、クリソツのおっさんなのか、判別がつかない人物が写っていた。

 この日、千葉県内中を汗まみれになって江本氏の同行取材を行っていた私は熱中症寸前で、頭も足もフラフラ。一瞬幻覚を見ているのかと思ったが、カメラレンズ越しには、確かに本物か偽物か分からない「将軍様」がいるのだった。

 6月20日に東京・紀尾井町の「グランドプリンスホテル赤坂」で開かれた「江本孟紀くんを励ます会」に登場した「チバ・ジョンイル」と同人物の可能性が高いのだが、「あなたは誰なのか」と報道陣が問いかけても「カムサムハムニダ」「オヤスミダ」とだけ言い残し、ボディーガードとともに立ち去ってしまった‥。

 江本氏の応援演説でもするならば、登場した理由も分かるのだが、江本氏の背後にいつの間にかシレッと現れ、訳の分からないせりふだけ残して立ち去ってしまうトホホな将軍「ジョンイル」。

 うーむ…ジョンイル様、一体あなたは何がしたいのですかっ。(佐藤修)




 / このエントリー単体のURL



  





シノハラとの会話
        →シノハラとの会話


海里との会話
        →海里との会話


小林さんとの会話
        →小林さんとの会話


巨匠との会話
        →巨匠との会話


▼ サイト内人気記事




キーワードで記事検索


Plug-in byまる。hi


※当サイトは、作家インタビューと、現代アート情報 から構成されています。

展覧会、アートイベント情報、アートWEBサイトのフォロー

だけでなく、

現代美術めぐる批評的?言説や、アート関係本の書評

も盛り込もうと(多分)心がけています。



copyright © 2005 東京芸術史 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。